所沢緑ヶ丘病院看護理念

一つ、私たちは、患者様、ご家族の思いを大切にし、共に納得のいく医療、看護、介護をすすめていきます。
一つ、私たちは、患者様に安全で質の高い医療、看護、介護の専門知識と技術を提供するため、常に自己研鑽していきます。

看護部長あいさつ

当院は急性期疾患から医療療養までの患者様が入院されています。外来も含め 4 看護単位の病院ですが、入院されている患者様のため、看護師、ワーカー、入浴介助も含め各々の力を出し合い看護、介護を行っています。定期的
に開催される研修会へは職種に関係なく参加でき、委員会や会議と併せ、他職種間の情報共有の場となっています。看護師、ワーカー、入浴介助と働き方は多様ですが、同じ「看護部」として共に協力しながら日々業務に取り組んでいます。

看護部職員数

正看護師 32名
准看護師 21名
ケアワーカー 32名

(H30.1.31現在)

研修体制

新人看護師の教育

看護協会の新人研修を受講、先輩看護師が指導係(プリセプター)として成長を見守っていきます。

院内研修

定期的に開催し、医療スタッフのスキルアップを図ります。また、職種に関係なく参加できるので、各部署間の情報交換も盛んに行われています。

チーム医療の実践

多職種カンファレンスについて

患者さまの症例に応じた治療方針の検討のため、様々な職種のスタッフがそれぞれの専門的見地で意見交換していくと同時に、知識・スキルの向上につなげています。

心臓リハビリテーションについて

心臓リハビリテーション指導士を有するスタッフ(理学療法士・看護師)を中心に、患者さまの症例に合った運動療法、日常生活動作練習、食事療法、服薬指導、そしてカウンセリングなど、様々な職種のスタッフによるチーム医療を実践しています。