内科

消化器、循環器、糖尿病などの内分泌・代謝疾患を中心に、その他呼吸器、腎臓、神経、血液、ア レルギー、感染症など数多くの疾患・病態に対応できるよう努力しています。
高齢者の皆さんにありがちな複合的な病態に対応しつつ、各医師が新しい知見を消化吸収しながら専門性を高めています。これからも、診療の中心として、地域に密着した優しい医療を目指ていきたいと思います。

循環器科

循環器科は心臓疾患に特化した診療を行っており、時に内服治療、時にカテーテル(細いチューブ)による検査や血管内治療を駆使することで、みなさまの健康を守ってゆく使命を負うものです。
また、動脈硬化はいわゆる全身疾患であり、心臓に留まらず、腎動脈などの動脈硬化性疾患に対しても、適切な診断と治療を提供させていただきます。

呼吸器科

肺炎・肺結核・非定型抗酸菌症・肺真菌症などの肺感染症や、気管支喘息や好酸球性肺炎などのアレルギー性肺疾患、リウマチや血管炎などの自己免疫疾患に伴う肺障害、肺悪性疾患、慢性閉塞性肺疾患や気管支拡張症などの気道系疾患、急性呼吸不全など、さまざまな呼吸器疾患を診療しています。
何か気になる点がございましたら、是非お気軽にご相談下さい。

消化器科

消化器科が担当するのは主に胃、食道、腸などの消化管の病気です。
具体的な疾患としましては、食道癌、胃癌、大腸癌などの悪性腫瘍、粘膜下腫瘍やポリープなどの良性腫蕩、逆流性食道炎、急性胃炎、胃·十二指腸潰瘍、急性腸炎、出血性大腸炎、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性疾患や食道アカラシア、腸閉塞、便秘症、過敏性腸症候群などの機能異常症が該当します。

心臟血管外科

心臓血管外科で扱う疾患は多岐に渡りますが、最近は高年齢化とともに成人の比率が多くなっています。
成人手術の際は、糖尿病、高血圧等動脈硬化を起こしやすい疾患を併せ持つ場合が多く、術中に脳梗塞などの合併症を起こさないよう術前検査を充分に行い、その結果で最も治療効果が高く、最も手術侵襲の少ない方法を常に選択しております。

リウマチ科

関節リウマチだけでなく、膠原病の早期発見・治療にも力を入れています。膠原病は、関節の痛みだけでなく、さまざまな全身の症状を引き起こします。膠原病の診療では、専門医による早期診断と、臓器障害に応じてほかの専門科とも連携し、適切な治療選択をすることが重要です。
関節リウマチや膠原病を早期に診断し、診療を行っています。

放射線科

最新鋭の装置を用い、専門的で高度な画像診断、治療を提供すべく、院内診療各科と連携しながら、診療放射線技師、看護師と協力し、日々診療にあたっています。地域医療支援病院として地域医療の充実すること、地域がん診療連携拠点病院として質の高いがん医療を提供することを心がけています。

リハビリテーション科

リハビリテーション科は内科・療養病棟の入院患者、および外来患者を対象としています。それぞれ担当医と連携をとりながら、症状に合わせて機能及び能力回復の為のリハビリテーション治療を行っています。
訓練室は新館1階フロアにありますが、症状に合わせて病棟で ADL 訓練を行い、入院生活及び退院後の生活 QOL 向上を目指しています。施設認定は 2013 年に心大血管疾患リハビリテーションⅠ、呼吸器リハビリテーションⅠ、脳血管疾患リハビリテーションⅡ、2014 年に運動器リハビリテーションⅠを取得しました。骨折・変形性関節症などの運動器の障害、脳卒中後遺症・パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの麻痺や心筋梗塞・嚥下障害の他、呼吸機能障害などがリハビリの対象疾患となります。

整形外科

皮膚科